2019/11/22 20:04


羽モノノイジーのペンギントラップです。


最初は頭が斜めカットされた形でテストしていたのですが、それだと引き波が出すぎていました。


これでは羽モノの良さが出ないなと思い、製品のようなシルエットに変更しました。


とにかく羽が出す波紋を消さないことと、羽の動きに素直に追随することを大事にしました。



羽に素直に追随する形になると、軽い引き抵抗でキビキビとウォブリングするようになりました。


しかも羽の波紋がきれいに出ています。


なかなかいいルアーになったなと思えるようになって、本格的にテストを再開しました。




羽モノの面白いところは、どんなタイミングで出るかわからないドキドキ感かなと思います。


ポコポコ泳がせていると、今にも魚がすっ飛んできそうな気持ちになってしまいます。


この魚もシェードにからむ倒木の脇を通していてズバンと出てびっくりしました。


ダイレクトリールでバラしてばかりだったのですが、アンバサダーにしたらバラシが減りました。




こちらは荒川にて。

倒れた竹に沿って巻き始めたところでシュパッと。
巻き始めに出ることが一番多いです。




こちらは沈船の脇を引いてくる途中でバコーン!

けっこう大きいルアーですが、35あるなしぐらいの魚がかなり激しく食ってきます。

それもペンギントラップの魅力だと思います。




これも着水点から引いてくる途中で強烈なバイトで出た魚です。

倒れた竹のからむシェードの中でしたね。

この1本はすごく記憶に残っています。 

他にも着水同時で釣れたり、ポップ音を羽から出して釣れたりと様々でした。


ナマズやライギョも釣れましたね。



今回はノイジーらしくただ巻きで釣れた中から、思い出に残る魚をピックアップして紹介しました。

テストしていて、やはり大きいルアーで釣るのは満足感があるなと思いました。

しかも普段通っている釣り場でけっこう釣れました。
10本以上釣らないと製品化しないのがマイルールですが、あっさりクリアしました。



もっと軽くて小さいルアーの方がよく釣れるのは重々承知しております。

ですが、夢のある提案がしたいなと思ったのです。